FC2ブログ

5月になると

今日は母ちゃんの思い出話です


5月になると思いだす。
我が家の猫物語が始まった日のことを。

初代は
乳飲み児で捨てられていたマリル。

たぶん1999年の5月だったと思う。
今では我が家で最強の姉ちゃんが小学生の頃で
友達と遊びに行った公園の傍で見かけて
母猫が出てくるまで根気よく待ったが出て来ず、
道路にヨチヨチ出て行ってしまったので
危険と判断して拾ってきてしまった。


もう、その時点で保護しなければ死ぬのがわかっていたので
姑息な手を使って、飼うことに反対の父ちゃんを説得し
  過去記事はこちら    → ☆

我が家の家族として迎え入れた。

ま、犬の赤ちゃんは数え切れないほど育てたし
ミルクの与え方とか排泄の介助は慣れていたので
猫特有の世話の方法さえ獣医さんに教えてもらったら不安はなかった。

実際にミルク→離乳食→カリカリへの移行も
とてもスムースで排泄も失敗することは
ほとんどなくて手のかからない仔だった。

猫砂をばらまいたり、カーテン登りしたり、
仔猫特有のいたずらはしたけど・・


まさか、大きくなって脱走を繰り返しては
喧嘩ばかりしてくるバカ猫になるとは思わなかった。




昨日、確か普通の写真ならあったはずと探しまくったら
あった、あった、元気な頃のマリルの写真が。


なぜか2枚とも足がパッカン(笑)

結構、綺麗なハチワレ柄で優しい顔立ちだったので
凶暴な性格と裏腹によくメスと間違われた。(笑)



DSC05753.jpg
小学生だった姉ちゃんに抱っこされて。当時7kg近いデブ猫。


脱走の常習犯でありとあらゆる手を使って
脱走を繰り返し、近所の猫と喧嘩してきた。
そして空腹になると帰って来るのだ。
帰りが遅いと暗闇を名前を呼んで、餌を持って探し回ったものだ。


なので識別のために首輪は必需品。
でも、当時可愛い首輪は近所には売ってなくて
同じようなデザインの色違いが2種類だけ。


で、仕方なく手作りの首輪をこの子のためにつくり始めた。

DSC05752.jpg


おかげで今では立派に首輪作りは趣味になったよ、マリル君や。

虹の橋を渡って5年近くたつのに
父ちゃんも兄ちゃんも姉ちゃんも
そして母ちゃんも・・

ハチワレの猫が玄関に遊びに来ていると
「マリル?」と呼んでしまう。
大事な家族だったんだなぁ。




マリルをママと間違えた、おぼっちゃま。
      ↓
tibita3.gif






里親様・預かり様・物資支援&お手伝いのお願い
詳しくは

「にゃんことバーベキュー」

「小さくても尊い命・・・」
をご覧ください。
30頭多頭飼い崩壊・13頭+ベビー飼育放棄・捨てられた子猫達

スポンサーサイト



04 | 2010/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
参加してます
ぽちっと、よろしくね♪
seiko3.gif
プロフィール

chibitamama

Author:chibitamama
チビ太:2001年春生まれのデブでヘタレな黒猫。
seiko:2005年8月から家族になったシャムっぽい猫。
チビ太ママ:犬好き母ちゃん。怪我をしていたチビ太をカンガルーのように袋に入れて育てた。
seikoパパ:変な日本語を喋る純粋な日本人。その言葉はseikoにしかわからない。

迷子ちゃん
しらすちゃん 7d4f4f0938da9b908fd5441bed87f538.gif
里親募集
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
デカ顔倶楽部
チビ太
chibita.jpg seiko_20100423235243.jpg
三頭身倶楽部
3_chibita.jpg
似顔絵コーナー
sai3号さんが描いてくれました 2009100714283863c.jpg  マリル 200909241945523eas.jpg  seiko ちびた チビ太
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード